インターネットを安全に

ハンドブック更新のお知らせが届いたので こちらのサイトでも紹介しておこう。
当サイトはこのインターネット上のWebサイトをベースに活動を行っているが、インターネットには安全面でのいろいろな落とし穴がある。上手に使えばこれほど便利な世界・機能はないのだが、詐欺などの犯罪にも利用され犯罪の温床ともなる。

犯罪被害者にならないために、また被害者とならなくても知らないうちに利用されて犯罪の手助けをしないように注意が必要なのだが、そのために重要なのが「知識」だ。知らなければ対策も注意もできない。悪意のあるサイトでは巧妙に罠が仕掛けられていて、怪しいと分かっていてもついクリックしてしまうこともある。それを「しまった!」と思えるのも知識があってこそ。

インターネットサーバなどを自分で管理している方ならある程度はセキュリティには敏感になっているはずだが、一般の方の場合はなかなか積極的に調べることも少ないだろう。ブログの管理をしていれば、スパムコメントなども来るので多少は意識していると思われるが、FacebookやTwitterなどの用意されているSNSを利用しているだけではなかなかセキュリティに意識が行きにくい。

ということで、まずは脅威を知る、手口を知る、どんなことが起こるかを知る、といった知識を持つことが大切。そこでこのハンドブック「インターネットの安全・安心ハンドブック」だ。

 

イラスト等を多く使い非常に読みやすく構成されている「インターネットの安全・安心ハンドブック」(NISC作成)だ。

 

これは内閣府所管の「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」が制作し、ネットにて配信しているセキュリティのガイドブックだ。
身近な話題を通しての解説もありわかりやすく解説している。どうしても専門用語が出てくるし、内容も多いため文字は多めだが、それでもイラストも多く使いながらストーリー仕立ての展開もあるため、専門的な内容も含む割には読みやすいものになっている。

ぜひPDFをダウンロードして読んでみて欲しい。もちろん無料。
これはNISCとしては書籍の形式での配布はしていないので、PDFのダウンロードが基本。
つい先日バージョン4として配布が開始されたので、過去に見たことのある方も改めて目を通してみるといいだろう。この手の内容は鮮度が大切。過去に似たような本を見たことがある人であっても、改めて目を通しておくことをオススメする。

 

みんなでしっかりサイバーセキュリティ
「インターネットの安全・安心ハンドブック」は本ページからダウンロードできます。

 

ダウンロードは上記のURLのページにて配布しており、ページ下部に全部のPDF、項目毎に分けられたPDFをそれぞれダウンロードすることができる。
また、以下の電子書籍ストアにて無料で配布もされている。

 

iBooks Store Kindle ストア ※ ebookjapan
BOOKFAN コミックシーモア dブック
ひかりTV ブック music.jp DMM.com
Kinoppy Yahoo!ブックストア GooglePlay ブックス
COCORO BOOKS セブンネットショッピング honto
漫画全巻ドットコム 楽天Kobo ニコニコ静画
cdjapan eBooks Neowing eBooks フジテレビオンデマンド
BOOKWALKER BookLive! ブックパス
ReaderStore BookPlace
タイトルとURLをコピーしました