フィルムコンパクトのDXコード

先日実家に寄った際に、古いフィルムのコンパクトカメラを引き取ってきました。
キヤノンのオートボーイLunaです。年代にしては綺麗な状態で残っていますし、電池を入れてみたらしっかり完動。全てちゃんと機能していました。デート機能まで2022年に対応。EOS 7が既に設定外になっていることを考えると、コンパクトはさすがに長く設定してあるみたい。

で、F値は暗めだけど28mmから始まるのでスナップして遊ぶかな、とウチに転がっていたILFORDのXP2を入れてみることに。
XP2は一応ISO400がベースですが、自分でテストしたデジタル化するための実効感度に設定しようと機能を見ると、カメラ側のISO感度設定がDXコードのみ。
だったらと、削ったり貼ったりしてDXコードを変更して入れようとしてみたら・・・

接点がフルにない 😖


EOSと違って感度設定のための接点が4つ(ウチ1つはGND)しかない。つまり、1/3段の細かいISO感度設定は読まない、ってこと。
この辺は記念写真用途のコンパクトなのでしかたないですね・・・
なので近似値にセットするためISO200として読めるパターンに。

さて、この36枚撮りがいつまでこのカメラに入り続けることになるでしょう・・・。
下手すりゃカレンダーフィルムになっちゃうかもね 😅

あっ、DXコードのパターンはネットでググってね。いろんな人が載せてくれてるので。
ワタシもすっかりパターンを忘れれてググって思いだしましたから 😆

フィルムをスキャンする
最近なにかとフィルムを使いたいという人も周りにチラホラいて、それをデジタル化して家でプリントしたいという人も。 インクジェットなどでデジタルプリントするならデジタルカメラでいいんじゃないの?と、黎明期、いや、デジタルカメラが普及す...

コメント

タイトルとURLをコピーしました