スリック 三脚グリップ&レリーズホルダーを使ってみる

最近のスリックやベルボンの三脚のミドルクラス以上のモデルでは、三脚にウレタンが巻かれており(ウレタングリップなどと呼びます)、冬場に三脚を触ったときに冷たくなく、また持ちやすくなるようにと便利です。
でもいずれのメーカーのものも何かのきっかけで裂け始めます。
一度裂け始めると そのうち完全に避けてしまいます。
裂けはじめであれば別の動画で紹介した応急処置をしてあげると延命でき、持ちやすい状態になりますが、それでもそのうち避けてしまいます。応急対応の動画は以下です。

T-001 「三脚のゴム(ウレタン)グリップが裂けた場合の 応急処置と予防」
三脚にはゴムやウレタンのグリップがあると便利。だけど裂けてしまうことも。グリップが裂けてしまった場合は、もちろん交換が望ましいのですが、とりあえずストレス無く使えるように応急処置として補修をしてあげると快適に。しっかり傷んだらそのときはちゃんと交換しましょう。普通のテープを使わないのがポイントです。しっかり切れて...

で、その応急対応した三脚のウレタングリップが避けてしまったので、スリックの「三脚グリップ &レリーズホルダー付き!」を購入してみました。つい先日発売になったばかりのもので、発売されてすぐに購入。それを動画にて紹介しています。

GITZOの三脚に同じようなグリップが付属していて愛用していたのですが、それとほぼ同じ作りで、値段も安い。オススメです。
特に金属三脚などでは冬場にありがたさを感じるはずです。

タイトルとURLをコピーしました