iPhoneのRAWを強化してみる

ちょっと気になったのでiPhoneで撮ったRAWデータをPhotoshopのスーパー解像度で処理してみた。

使ったのはもう世代的には古いiPhone8 Plus。
LightroomアプリでRAW撮影してDNG保存。それをパソコンのLightroomで読み出して、PhotoshopのCamera Rawで開いて強化。
で、もう片方はそのRAWデータから自分の処理で高画素化してエッジを整えてみた。

それがこれ。左が強化画像。上の画像の200%での部分拡大表示。

初めて勝てたかも 😁
いや、エッジのシャープネスだけなら強化したほうが出てるかもしれないけど、ノイズが多くエッジが途切れてさえいるが、ワタシが処理した方はノイズは最小限。エッジはまだ甘いけど、被写体のラインを傷めるような状況にはなってない。画素数を大きめにした分、プリントでもモニターでも縮小することでもっときれいなエッジが出てくる。

まぁ、好みもあるかもしれないけど、これはワタシ的には勝てたかな ✌️😄

やはりセンサーが小さかったり、ノイジーだったりと、もとのデータの素性が良くないとスーパー解像度は生きてこないね。とってもすごい技術だと思うけどね。
まだまだスマホはカメラの代わりにはなりませんね☺️

T-004「Photoshop CC Camera Rawのスーパー解像度がスゴイ!」【写真家 諏訪光二】
Adobe社の Photoshop CC と Camera Rawがアップデートされ、特にCamera Raw 13.2で搭載された スーパー解像度 機能がスバラシイ! このスーパー解像度の使い方、通常のシャープ処理などとの違いを比較画像もあわせて解説します。0:00 概要・注意事項・過去の方法との違いなど6:5...




OPEN MEMO
SUWA CHANNEL WEB

コメント

タイトルとURLをコピーしました