Googleアカウント削除は慎重に(AdSenseで困る)

これはワタシが実際にGoogleアカウントを削除して失敗だったというお話し。

Googleアカウントは目的によって作成したりと何かと便利で、気軽に複数のアカウントを作成される方も多いと思います。ワタシもたくさんではありませんがいくつかを使い分けていて、一つの企画を立ち上げた際に専用のGoogleアカウントを作成しました。これをアカウントAとしておきましょう。
基本的にはWebのフォームからのメールの受信が目的で、そのWebを立ち上げた際にGoogle AdSenseにも申し込みました。

で、しばらくしてその企画を停止することになり、メール受信の必要もなくなったのでそのアカウントを閉じることにしました。必要なデータはバックアップしてありましたし、Google AdSenseは別のアカウントBを管理者として登録し、そちらですべてを行うようにしておきました。これで管理はアカウントBでできる・・・はずだったのですが・・・

管理者は所有者ではない!

さて、これで不要になったアカウントAは完全に削除。
Google AdSenseはアカウントBを管理者に設定してあり、他に困ることはない、と思っていました。
実際にWebからの広告報酬、YouTubeでの広告報酬はわずかでも入っていましたし、たまに振り込まれていました。

でもこれが大きな誤りでした。
しばらくしてGoogle AdSenseの登録事項や税務情報の更新など、色々と必要な手続きに迫られ、行おうと思ってもできない!
変更のためのボタンが表示されている項目はあってもグレーアウトされていてクリックできず、変更ができない。

そう、Google AdSenseなどを扱う上での日常の管理業務は新しく指定したアカウントBがあるので困らず、最初のアカウントAを削除してもGoogle AdSenseの利用登録はそのまま残ります。

でもこのAdSenseの管理者は単なる管理者でしかなく「所有者ではない」ということに注意が必要です。なのでアカウント自体の情報や税務情報など、そのAdSenseアカウントに固有の情報は所有者しか変更ができないのです。
なのでこのあたりの固有の情報を更新しようとすると、アカウントAでログインしなければ鳴らないのです。

アカウントがないとAdSenseの閉鎖しかない

さて困りました。ワタシは最初のアカウントAをすでに削除しています。
ご存知の方も多いでしょうけれど Googleアカウントは削除しても一定期間情報が残り、アカウントを復活させることができます。復活できればそれでログインすれば良いので問題はありません。
この「一定期間」がどのくらいなのかは不明です。Googleのヘルプ等にも明確な期間の記載はありません。

ワタシの場合はアカウントを削除してからかなり時間が経っており、アカウントの復活ができません。なのでGoogle AdSenseの情報更新ができないのです。二度とです!

こうなると何ができるかといえば一度Google AdSenseのアカウントを一度 閉鎖するしかありません。
そして今後もしっかり残して使うと思われるGoogle アカウントで 再度Google AdSenseに申し込み、審査を受けてGoogle AdSenseアカウントを作成する必要があります。

一度AdSenseアカウントを閉鎖する際、未払金が月ごとの支払額に達していなければその報酬は消えてしまいます。支払額に達していれば、最後まで支払われるようです。

そして新しくAdSenseアカウントを作成し直したら、YouTube側のAdSenseの関連付けも変える必要があります。YouTube側では変更の作業ができるので、新しいAdSenseアカウントの情報を入力するだけです。

 

ということで、気軽に作成・削除ができるGoogleアカウントですが、AdSenseに利用したアカウント(あるいは他の機能に申し込んだカウント)を削除する際には、慎重に行いましょう。
仮に必要なくなったアカウントでも、そのようなサービスごとのアカウント申込みに使用したアカウントは削除しないようにしましょう

また、最近Googleは使用されていない古いアカウントを削除する方向に動いているようです。
ですので無効なアカウントと判断されないように、重要なアカウントは、メーラーにメールのチェックをさせるなどアクティブな状態にしておきましょう。

Computer ARTICLES
SUWA CHANNEL WEB

コメント

タイトルとURLをコピーしました